ケアプロストの副作用と注意点

ケアプロストはまつげを長く濃くするジェネリック育毛剤でルミガンと同じ成分の医薬品です。なので、ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品ということになります。

主成分のビマトプロストも同じということで、気になる副作用も同じということになります。主成分のビマトプロストはルミガンと同じく、緑内障の治療薬のために開発された成分です。ですから、これはケアプロストの副作用というよりは、主成分のビマトプロストの緑内障の治療点眼薬としての効果が現れているといえるでしょう。ただし、安全な医薬品のケアプロストとはいえ、注意点はございます。

ケアプロストの注意点

ケアプロストに含まれる成分によって過剰症状を起こしたことがある方や妊娠中または授乳中の方のご使用はお控えください。使用後に、湿疹やかゆみなどが発生した場合は、すぐに使用を中止してください。ケアプロストが健常な目に入ってしまうと、ルミガンと同じく眼圧が下がってしまう場合もあります。これは、緑内障の治療薬としての効果を主成分である、ビマトプロストの効果が発揮している証拠となりますが、眼圧が下がってしまっては元もこうもありません。そういった場合は、ケアプロストの使用を中止されると、眼圧も元に戻ってきます。ケアプロストは個人輸入での購入が主流となっています。ケアプロストを個人輸入される際に、色々とケアプロストについて調べてみてはいかがでしょうか?

ケアプロストの体験談、口コミの中には、

ー友だちのすすめで半信半疑で使ってみたらびっくりするほど伸びました 使って1年リピーしてます。
ーかれかれ3年以上リピートしています。自分で使うわけではなくプレゼント用に購入しています。みんなの感想は『ケアプロスト最高!』だって!

など、ポジティブな体験談を多くいただいております。人気のケアプロストですが、使用方法もあらためて知っておく必要があるでしょう。

ケアプロスト使用方法

一日一回、夜にケアプロストをまつ毛の根元に(コンタクトレンズをご使用の場合ははずしてください)塗って下さい。この時にたくさん塗り込んでしまっては、色素沈着の原因となりますので、はみ出したり、たっぷり塗ったりなど内容に注意が必要です。 ケアプロストは、まつ毛が軽く湿っている程度で十分塗布できています。目の周りに薬付着してしまった場合は、水で洗うか、ティッシュやコットンでふき取ってください。

使用済みの綿棒やブラシは、使い捨てましょう。